ブログ

冬の乾燥対策と風邪予防

こんにちは。エンコー薬局です。

 

朝晩冷え込んで寒いと感じますが、まだ広島では初雪は観測されてないですね。
また、インフルエンザの猛威も少しずつ弱まってきていますが、
薬局ではまだ見受けられます。
まだまだ油断は出来ませんので体調管理に気を付けてくださいね。

 

ところで、冬場に欠かせないのは暖房器具ですよね。
皆さんのご家庭でもエアコン、ファンヒーター、ストーブなどを使われていると思います。
しかし、便利な反面、体調に異変をきたす場合もあります。
特に注意して頂きたいのがお部屋の乾燥です!

 

そこで、今回は冬場の乾燥対策と風邪予防についてご紹介します。

 

「そもそもなぜ冬は乾燥するの?」
冬になると、-50℃にもなる高気圧が日本海を渡って日本海側に雪を降らせます。
季節風は日本海側に雨や雪を降らせて水分を放出しているので、とても乾燥しています。
ただでさえ空気が乾燥しているのに、さらに暖房を使用することで空気は暖められ更に乾燥が進むというわけなのです。

 

●「空気が乾燥すると風邪をひきやすくなるのは本当?」
風邪の原因は80~90%がウイルス感染と言われています。
風邪のウイルスは冬場の低温乾燥状態が特に飛散量が多くなってしまいます。
そこで重要になってくるのが“湿度”
湿度が40%以下になるとウイルスの落下速度はゆるやかになり空気中を漂うことになります。そのウイルスを人が息を吸い込む時に鼻やノドから感染して、流行しやすくなるのです。
また、空気が乾燥すると、ノドの粘膜が乾燥して炎症をおこしやすくなり、ウイルスを防御する力が衰えることから空気が乾燥する冬には風邪をひきやすくなるわけですね。
マスクを着用するだけでも予防に繋がりますよ!

 

 

 

 

 

●「乾燥するとなぜ肌あれするの?」


冬場に手がカサカサになったりして肌あれにお悩みの方も多いと思います。
その原因は、寒気が肌の血行や新陳代謝を悪くして皮脂や汗が出にくくなり、冷たく乾燥した風が肌の水分を奪ってしまうからなのです。

 

では、「どうしたらいいの?」とお困りの方もいらっしゃると思いますので簡単にできる対策をお伝えします。

 

☆乾燥対策☆
◇加湿をしっかりする
エアコンなどの暖房は空気を乾燥させるので、加湿器を使って湿度調節をしましょう。
ただし、加湿のしすぎは結露を招き、カビやダニの発生しやすくなるので注意!
湿度は50%程度を目安にしましょう。
私も加湿器は家で使っていますが、風邪予防には必須ですね! 🙂 

 

 

◇観葉植物もおすすめ
観葉植物にはお部屋の乾燥を和らげる効果があります。
極端なことを言えば、コップに水を入れておくだけでも効果はありますよ。

 

 

 

◇肌あれ対策
・暖房は必要最低限にとどめ部屋の湿度に心がける
・熱いお湯の入浴はさける
・液体やクリーム状を洗剤は多量使用に注意!
・タオルでのこすり過ぎに注意!
・入浴後は保湿剤を塗る
・下着や寝巻きは水分を含む綿製品を着用する

 

☆風邪対策☆
◇風邪にも負けない栄養管理
①たんぱく質や、鉄・亜鉛・銅などのミネラル(細菌やウイルスと戦うための免疫物質のもとになる)を摂取する。

 (肉、魚、牛乳、卵、納豆など)
②ビタミンA・C・E(ウイルスの侵入を防ぐ役目がある鼻の粘膜を作る)を摂取する。

     (レバー、いちご・キウイなどのフルーツ類、アーモンドなどのナッツ類など)

普段からしっかりとバランスよくこれらの栄養を摂ることで、風邪に負けない健康な体を作ることができます。

 

◇口呼吸は免疫力の低下を招く
普段から口呼吸をしている人は外部からウイルスや細菌が侵入する際に鼻ではなくて口を通って入ってくるので、

風邪にもかかりやすくなります。
口呼吸ではなく鼻呼吸を意識しましょう!

 

◇手洗いが大事
外出から帰宅後は必ず手洗いをしましょう!
手についたウイルスが食事などの際に体内に侵入する恐れがあるからです。

 

みなさん、いかがでしたか!?

今まで冬場の乾燥や風邪にお悩みの方、ぜひ一度お試ししてみてはいかがでしょうか。
どれか一つやってみるだけで効果はあると思いますよ。

エンコー薬局ではビタミンなどの健康食品も販売しておりますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

コミュニケーション力や発想力を伸ばすための取り組み

こんにちは、ノースハンドグループの谷川です。

今回はコミュニケーション研修で勉強した内容を一部発表したいと思います!

大阪の金岡高校では発想力やコミュニケーションを伸ばすことが社会の中で必要なものと考え授業をされているようです。

突然ですがイラストを見てください。

2人が立っていて一人が喋っているイラストになります。

どんなシーンを想像しても構いません。皆さんならどういった言葉を話しかけますか?

今から話しかける言葉を3分で30個書き出してみてください!

そうでは、実際にやってみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

3分で30個出てきましたか?

思ったより言葉が出てこないですよね。。。簡単そうに見えて難しい。

言葉が出ないには理由があります。

それは・・・「こういう風に言われたらどうしよう?」とネガティブな思考が働き結局傷つきたくないから自分で壁を作ってしまう考えが出てくるようです。

でもこの壁は乗り越えることができるんです。

事前に考え「こういう風に言われたらどうしよ?」とイメージしておけば言われる前に準備もできる。

もし、それでもコミュニケーションに失敗しても次はこう言われたらこう返そうなど考えることができますよね!

今まで何気なくしているコミュニケーションも一つ一つ意味があり「何かを伝えよう」としているんですね。

それを上手に伝える、上手に聞くことで益々良いコミュニケーションが生まれると思います。

寒い場所に行っただけで⋯

己斐の山にある薬局です!!

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

まだ今年は雪が降っていないですがそれでも寒い季節になりました☃

そんな時期に気を付けなければいけないのがテレビでも話題になっている

ヒートショック現象です💦

お風呂場やトイレ等の寒い場所に暖かいところから移動した際に起こる血圧上昇で心筋梗塞や脳出血が起こることで有名な現象ですが

「でも、テレビが大袈裟に言ってるだけでしょ?」

「そんな動いただけで大変なことが起きるの?」

と思った方もいるでしょう。

確かにそうかもしれませんし、私には関係ないという人がいるのも事実でしょう。

 

で・す・が

侮ってはいけません。

入浴中に限ったデータですが

2011年の統計で入浴中ヒートショック関連死は全国で約1万7千人

という数字が出てます。

ちなみにこれは同じ年の交通事故でなくなった人の数(約4600人)の3.7倍の数字です。

この数字を聞いて怖くなった人も多いかもしれませんが

ご安心ください!

前置きがとても長くなってしまいましたが

これからヒートショック現象を防ぐ簡単な方法を3つご紹介させていただきます。

 

1.『お風呂の前に水分補給』

「えっ、それだけで防げるの?!」と思われるかもしれないですが防げるのです!

入浴中はどうしても汗をかくので血液が濃くなってしまい、その結果、血栓ができて心筋梗塞・脳梗塞の危険性が高まるのです。

なので、水分をしっかり摂ってお風呂に入るだけでもその危険性はなくなるのでみなさんも試してみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

 

2.『かけ湯をする』

読んで字のごとくで「かけ湯をする」だけです!

かけ湯をすることでお風呂に入るまでの温度変化にワンクッション入ることで急激な温度変化を予防し、

結果ヒートショック現象を防ぐことができるのです。

ポイントは、心臓から遠い場所(足や手)にすることです!

イラストは悪い例です!!

 

3.『動作をゆっくり』

急に立ち上がった時にフラッとした経験をした人いませんか?

実は急に立ち上がった時も血圧が急に下がるので浴槽から出るときにも注意が必要なのです。

ですので、タイトル通りお風呂に入る時も出るときも「ゆっくり」することでヒートショック現象が防ぐことができます!

 

 

いかがだったでしょうか。

このように簡単な方法でもヒートショック現象を防ぐことができる方法はありますし、実践することで突然病に襲われることなく平穏に暮らしていけることがいけるのではと思います。

 

また、この記事が気になった方には血圧に関するお薬をお飲みになられている方もおられると思います。

飲み合わせが気になったり、ちょっとした不安が出てきたりしたときはお気軽にご相談ください。

当薬局からのお薬でなくても構いません。

お気軽に寄って下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーション研修

あけましておめでとうございます

本年も宜しくお願い致します。

いよいよ2020年が始まりました。

今年は、東京オリンピックもあり、

楽しい、ワクワクする一年になりそうですね^_^

 

本日は、ノースハンドの取り組みをご紹介します。

ノースハンドでは、コミュニケーションをとても大切に考えています。

アメリカの作家のアンソニー・ロビンソンは、『コミュニケーションの質が人生を決める』と言われています。

 

『人生を豊かにするために✨』

と言うことで、毎月2回、コミュニケーションの研修に通っています^_^

 

お客様の気持ち、ニーズ、仕事仲間の想い、価値観を知ることで、楽しく仕事が出来ると考えています^_^

 

第1回の研修は、13名のスタッフが参加しました^_^

コミュニケーションだけではなく、

仕事とは?

人生の時間とは?

自分の価値観とは?

 

自分を振り返る、良い研修になりました。

その時の様子をアップします!

 

 

 

 

 

 

絆マラソン2019年 参加

皆さんこんにちは^_^

ノースハンドです!

 

12月22日に、絆マラソンに参加してきました^_^

絆マラソンとは、チームで4時間走り続ける駅伝形式のレースです。

 

ノースハンドと愉快な仲間たちは、2年連続の出場となります^_^

開業医様や、薬局の人事部長様、介護施設長様と、色々な方に参加して頂きました。

 

レース途中に雨が降り出しましたが、最後までみなさんとワイワイ🎶、楽しい時間を過ごしました^_^

 

参加者の皆さんのタイムが伸びているので、チーム成績もUPしました。

来年は、入賞を狙います!

 

走ったあとは、もちろん飲み会🍻

お鍋を美味しく頂きました^_^

 

皆さんお疲れさんでした。

 

IMG_3542

IMG_3541 IMG_3544

 

 

 

 

 

 

 

ケアビレッジ ライル温品忘年会

皆さんおはようございます^_^

 

サービス付き高齢者施設、ケアビレッジライル温品です^_^

12月20日に、忘年会を開催しました。

かなり、盛り上がりました。

ローストビーフが食べ放題だったのですが、子牛一頭分は、食べたと思います!

 

スタッフの皆さんのPower!!

あふれる忘年会でした^_^

 

ノースハンド忘年会

おはようございます😃

 

ノースハンドホールディングスです

今年も残り、一週間です^_^

ほんと、早いですね〜

皆様にとって、どんな一年でしたか?

 

ノースハンドでは、介護施設、中小企業様向けのクラウドシステムの販売・コンサルテイングを行なっております。

今年は、多くの方とご縁を頂きました。

皆様に、本当に感謝です。

 

来年は、いよいよ全国販売になります。

チームノースハンド、『ワンチーム』で、

日本を元気にしていきたいと思います!

 

本日は、ノースハンドの忘年会の様子をお知らせします。

かなり、盛り上がりました^_^

井上部長、大ハッスルでした!

 

IMG_3492

手足のしびれや痛みを感じたら・・・

こんにちは!けごや薬局です。
日に日に冬の寒さを感じるようになってきましたね 🙁 

寒さが増すと、手足が冷えてしまう人も多いと思います。

冷えだけではなく、手足のしびれや痛みの症状がある場合、様々な原因が考えられます。

【手足のしびれ、痛みの原因】

■脊髄や神経根の病気
椎間板ヘルニア・脊髄損傷・頚椎症・脊髄腫瘍などです。

■末梢神経の障害
手足の神経に異常がある時は、それがしびれや痛みとなって現れます。

■末梢血管の血流が悪い
手足の血管が細くなって、血液の流れが悪くなることで、しびれや痛みが現れます。
例えば、正座をして、足がしびれるのは、一時的に足の血流が悪くなるためです。

■骨や関節の怪我・病気
運動による怪我など、骨や関節そのものに障害が起きてることも考えられます。
また、リウマチや痛風など全身性の病気にも、関節に障害が起こりやすい病気があります。

■糖尿病や高血糖
糖尿病をきちんと治療しないと、末梢神経に障害が起こり手や足にしびれや痛み麻痺が現れます。
この場合は普通、片方の手足よりも両足・両手、左右対称の症状が現れます。

■よくない姿勢
猫背などの背筋が曲がる体に良くない不自然な姿勢が続くことで、部分的に血流が悪くなり、

しびれや痛みが現れることもあります。症状は、利き腕と反対側に現れやすい傾向があります。

■その他
検査をしても原因が見つからない事も少なくありません。
ウイルスの感染、更年期障害やうつ病の一症状、または、精神的なストレス、
不安感などが原因となる場合もあります。

 

【処方される薬】

●炎症を抑える薬(消炎鎮痛剤)・・・ロキソプロフェン・セレコックス・リリカなど

炎症をしずめて痛みを抑えます。
対症治療的に処方される薬ですが、炎症によるしびれや痛みには効果があります。     

●神経の働きを助ける薬(ビタミン剤)・・・メコバラミン・ユベラなど

しびれや痛みの原因が、末梢神経の障害の場合、神経の修復を助けるためにビタミン剤が処方されます。

血流をよくする薬・・・サルポグレラート・リマプロストアルファデクスなど

血流低下が原因と考えられる時に、手足の血流を改善する薬が処方されます。

●神経の過敏性を抑える薬・・・エパルレスタットなど

損傷した神経が過剰に反応して起こる、しびれや痛みを抑える薬です。
糖尿病による神経障害に使用されていますが、神経に原因があるその他の病気にも有効な場合があります。   

●その他・・・トラゾドン・バルプロ酸ナトリウムなど

抗うつ薬、抗てんかん薬などが有効な場合もあります。

 

<<こんな時は、すぐに救急車を!>>

手足のしびれや痛みで、最も心配なのは、脳卒中によるものです。
しびれや、痛みのほかに、ろれつが回らない、吐き気、物が二重に見える、

半身性の麻痺などの症状が起きた場合は、迷わず救急車を呼んでください。
脳卒中の治りの良し悪しは、発作が起きてから治療開始までの時間の長短が左右します。

 

【生活の中でのしびれ・痛み対策】

一概には言えませんが、温めたり、揉んだりすると症状が和らぐ事があります。
また、体を動かす事は血流を改善するので、治療にとってプラスになります。

猫背や背中を曲げる癖、腰を落として座る癖など悪い姿勢を直すだけでも、かなり症状がよくなります。
トレッチや、しびれ・痛みのある部分をマッサージするのも効果的なのでおすすめです!

無理なく続けられるもの、軽めの運動を心がけましょう。

また、心配しすぎない!という気持ちも大切です。
心が穏やかなときは、症状も軽快する傾向があります。
きちんと診察を受け、通院しているのであれば、必要以上に心配しないようにしましょう。

お薬代の節約術

皆様こんにちは。

くれ本通薬局です。

 

今、政府は医療改革として75歳以上の後期高齢者の窓口負担

現在の1割負担から2割負担へ引き上げることを検討しています。

 

具体的には、

現在2割負担の70歳から74歳の方が75歳になっても

そのまま2割負担を維持するといったもの。

もしくは、75歳以上の方全員が2割負担になるといった案が議論されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、後期高齢者の方、今後後期高齢者を迎える方、全ての方に関わる問題です。

では、皆様は病気やけがをしてしまったらどうしますか?

医療費が倍になるからといって病院へ行かないですか?お薬をもらわないですか?

そういうわけにはいかないですよね。

やはり体は大事で病気やけがはすぐにでも治したいですよね。

 

そこで今回は少しでもお薬代を抑える方法をお伝えします。

 

 

 

ズバリ

「ジェネリック医薬品」です。

すでにご存じの方は多いと思いますがジェネリック医薬品については

以前ブログでご紹介しているこちらをご覧ください。

 

簡単にいうと

新薬(先発医薬品)と同じ有効成分で

価格が安くなったお薬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

では具体的にどのくらい差が出てくるのか計算してみます。

くれ本通薬局にあるお薬で

 

 

先発医薬品 30日分

1錠156円、1日3回を30日飲んだとします。

156円×3回×30日=14,040円

この3割負担で4,212円かかります。

 

ジェネリック医薬品 30日分

1錠66円、1日3回を30日飲んだとします。

66円×3回×30日=5,940円

この3割負担で1,782円となります。

 

4,212円ー1,782円=2,430円

 

いかがでしょうか?

一例ではありますが

1つのお薬で1カ月2,430円もお薬代が安くなります。

 

国もジェネリック医薬品の使用を推奨しています。

日本でのジェネリック医薬品のシェアは約75%ですが

アメリカでのジェネリック医薬品のシェアは92%となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本でもジェネリック医薬品の普及率はかなり上がってきましたが

まだまだ、使われていない方も多くいます。

もちろん、ジェネリック医薬品のないお薬やジェネリック医薬品が合わない

といった方もいるかもしれません。

 

まずは医師、薬剤師に相談して自分に合うお薬を見つけ、医療費負担を削減していきましょう。

また、病気やけがをしないように普段から予防にも取り組んでいきましょう。

もし病気やけがをしてしまっても、高額療養費制度、自立支援医療制度、

重度心身障害者医療費支給制度など他にも国や市町村から様々な支援があります。

各市町村役場に確認し、これらをうまく活用しより良い生活を送りましょう。

 

◎冬の乾燥と風邪予防◎

みなさん!!こんにちは☆

OK堂薬局です。。

 

冬ですね。乾燥が気になる季節になりました。

なぜ冬は乾燥するのでしょうか??

冬は暖房を使用します。

空気は暖めると乾燥するので、乾燥している冬の大気が暖房により、更に乾燥が進むというわけです。

 

なぜ空気が乾燥すると風邪をひきやすくなるのでしょうか??

風邪症候群の原因は80~90%がウイルスの感染です。ウイルスとは生きた細胞の中だけで

増殖する特異な微生物のことです。

多くは冬場の低温乾燥の環境で空気中の飛散物が増加します。

湿度が40%以下になるとウイルスの水分が蒸発して軽くなるため、落下速度はゆるやかになり

約30分間空気中を漂うことになるのです。

空気中のウイルスは人が息を吸い込むときに鼻や喉から感染して、流行しやすくなると考えられています。

また、空気が乾燥すると、喉の粘膜が乾燥して炎症をおこしやすくなり、ウイルスを防御する力が衰えてきます。

 

汗をかいていないのに喉が乾くのはなぜでしょうか??

からだの水分が失われるのは、汗のせいばかりではありません。

実は息をしているだけでも、からだの水分は奪われているのです。

汗をかかないからといって水分をとらないでいると、喉がカラカラになるだけでなく

からだ全体が想像以上に乾いてしまいます。

暖房は20度くらいにして、あたためすぎないことも大切です。

エアコンなどの暖房は、室内の空気を乾燥させます。

加湿器を使うのもいいですね!!

ただし、加湿しすぎは結露を招き、カビやダニも発生しやすくなります。

室内の湿度は50%程度を目安にしましょう。

 

つづいては『風邪予防』です☆

口呼吸は免疫力の低下を招きます。

口呼吸をしている人は、外部からウイルスや細菌が侵入する際に鼻ではなく

口を通って入ってきます。

鼻にあるウイルス探知の鼻咽頭を通過しないため、ウイルスに負けやすい状態となってしまいます。

口呼吸の人は鼻呼吸を意識して直していくように心がけましょう。

 

かぜの民間療法

 

風邪で鼻がつまった時は、長ネギ(縦半分で5cm位)の切り口を鼻に10分ほどあてておくと

鼻づまりが解消します。

長ネギには、粘膜を適度に刺激し血流を良くする作用があり

また、喉の痛みにも効果があると言われています。

レモンに匹敵するほどのビタミンCを豊富に含む

レンコンのおろし汁にお湯とハチミツを合わせて飲むレンコン湯

ハチミツとしょうがのおろし汁をお湯で割るしょうが湯

いずれも驚くほどの即効性はないかもしれませんが、そのぶん薬効はナチュラルです。。

ぜひ、ためしてみてはいかがでしょうか??

 

OK堂薬局には

お湯を入れればOK!生しぼりしょうが湯』を好評販売中です!!