医療・介護コンサルティング

医療・介護コンサルティング事業とは

ノースハンドグループとして、何ができるか?
医療と介護が効率よく連携するためにどうすればいいか?

それが、われわれの役割だと考えております。
この状況の中で、医療介護が地域で一体となり、
効率よく、介護・在宅医療を支えていかなくてはなりません。

ノースハンドグループでは、以下の【3本の柱】を軸とした
地域一体化・トータル的な介護施設の働き方改革を提案します。
私たちは未来に向けて、「介護」を更に魅力ある仕事にしたいと思っています。

導入から運用まで専門知識を持ったスタッフが寄り添い、サポート致します。
どうぞ、私たちにお手伝いさせて下さい。

ノースハンドグループでは、2つのクラウドシステムで情報共有を行い、
働きやすさを追求しながら生産性の向上に取り組んで参りました。
介護現場の情報共有を円滑にするN-SYSTEM
企業のバックオフィスの効率化を狙うN-SYSTEM-Office
2つの情報管理プラットフォームで、医療・介護施設様を中心に個別のニーズに合った
課題の解決をご提案させていただきます。

医療介護情報共有・地域包括ケア:N-SYSTEM

これまで介護施設の介護記録はアナログ管理であり、各スタッフに依存する部分が多くありました。

また、医療や薬局、看護、運営本部などと情報を共有する場合、紙媒体または口頭に頼っており、情報共有の為に書類をまとめる作業時間や口頭共有での「伝えた」「伝えられていない」といったトラブルも多いのが現状です。その課題に着目し、開発を行ったのが「N-SYSTEM」です。

介護施設内のスムーズな情報共有、良好医療連携、介護スタッフの介護記録業務の軽減をご提案します
 

この「N-SYSTEM」によって、介護記録をクラウド化し、ご利用者様の情報をインターネット上で一括管理・閲覧・共有することが可能です。

介護施設内のスムーズな情報共有、良好医療連携、介護スタッフの介護記録業務の軽減をご提案いたします。 ご利用者様について各立場の見地から情報を入力・閲覧、即時共有可能な、医療連携のための画期的システムで、ご利用者様の満足度・社内の好循環へと変えることが可能です。 各分野における在宅医療・介護への取り組みを活性化するために、「N-SYSTEM」の活用をご提案いたします。

 
在宅医療情報共有システムN-SYSTEM

シンプルで無駄のない設計のため操作は簡単です。パソコンが苦手な方でも、直感的に動かせるように工夫されています。導入研修は、NH-GROUPの介護施設(ケアビレッジ ライル 温品)にて、Nシステムを熟知した介護スタッフから直接ご指導させて頂きます。

各専門会社様との連携によるコンサルティング

ただシステムを導入していくだけでは、十分な効果は得られません。ダックマンモデルという、組織の形式から成長するまでのプロセスがあります。当社のシステム導入に置き換えると、戸惑いを乗り越え、成果を生み出すために、研修と課題解決のコンサルティングで導入から日々の運用をサポートいたします。

人事・労務の効率化・社内情報共有

cybozu

このグループウェアを取り入れる事によって離れた場所、異なる時間でも情報共有を可能とし、チームワークの向上・業務の効率化が見込めます。

実際の運用表示例

365日24時間社内の情報共有

365日24時間社内の情報共有

各部署の業務内容の共有

各部署の業務内容の共有

医療介護業界活性化への取り組み

広島てっぺん会

てっぺん会とは、肩書や年齢に関係なく、医療・介護・福祉に関わる分野で活躍されている皆様の「顔が見えるネットワーク作り」を目的として2ヶ月に一度開催しております。てっぺん会久留米様にご協力いただき、昨年12月より広島支部として活動を行っております。