ジェネリック医薬品販売

ジェネリック医薬品がどうして安いのでしょうか

新薬の開発には、なんと9~17年の年月と、約500億円もの投資が必要といわれています。
臨床試験などのさまざまな試験のあとも、数々の審査や承認申請するための手続きがあります。
しかも、新薬として承認される成功率はわずか1/15000以下なのです。

まず新薬についての市場調査・分析を行ったうえで、ジェネリック医薬品として製剤化するための研究をスタート。
その後、安定性・新薬との同等性を証明する試験を行い、厚生労働省の承認を得て発売されます。
この場合の開発期間は通常3~5年。新薬と比べ開発期間が短く、開発コストが大幅に抑えられるため、
お薬代が安く設定されるのです。新薬をジェネリック医薬品に替えると、実際にどのくらいお薬代が安くなるのでしょうか?
下記のように、その差は歴然。

また、生活習慣病のお薬のように、長期間の服用が必要となるお薬ほど、価格差によるメリットは大きくなります。

今患者様の服用されているお薬を、ジェネリック医薬品に替えるといくらお安くなるか日本ジェネリック協会のホームページにてかんたん差額計算ができますので、興味のある方は、試してみて下さい。