ブログ

お薬とグレープフルーツ

こんにちは。けごや薬局です 😀

皆さんは、薬局でお薬をもらった時、
「このお薬を服用中はグレープフルーツジュースを

摂らないようにしてください。」
と言われたことはありますか?

 

お薬の中には、食べ物との飲み合わせに注意しないといけないものもあります。

今回は、なぜグレープフルーツを摂ってはいけないのか、
またグレープフルーツ以外の柑橘類や他の果物の摂取について
お話していきたいと思います。

 

【飲み合わせについて】
グレープフルーツには、一部のお薬の代謝を邪魔する成分が含まれています。
お薬の代謝を邪魔すると、薬が分解されにくくなり、
薬が通常よりも多く吸収されてしまいます。
そのため、薬の効き目が強く出てしまったり、

副作用が現れる可能性が高くなります。

 

 

さらに、この作用は、グレープフルーツジュースを飲んだ時だけではなく、
薬によっては、2~3日続く場合もあると言われていますので、注意が必要です。
そのため、一部の薬はグレープフルーツジュースと一緒に飲むことに

注意が必要とされているのです。

 

【影響のある柑橘類】
■気を付けなければいけないもの
・グレープフルーツ
・ザボン
・ハッサク
・ブンタン
・ダイダイ 
・スウィーティー
・・・など     

  

食べても影響の少ないもの
・オレンジ
・温州みかん
・マンダリン
・いよかん
・でこぽん 
・ゆず
・すだち
・レモン
・きんかん
・・・など
(※産地などで含有量が異なりますので、参考まで) 

 

【グレープフルーツなどと飲み合わせの良くない薬】
・降圧薬・・・(ニフェジピン、アムロジピンなど)
・高コレステロール薬・・・(アトルバスタチンなど)
・睡眠鎮静薬・・・(トリアゾラムなど)
・免疫抑制薬・・・(シクロスポリンなど)
・抗てんかん薬・・・(カルバマゼピンなど)

 

もし、お手持ちのお薬が該当するか分からなければ、
薬局でお答えしますので、お気軽にご質問ください!

スマート家電2

こんにちは。

くれ本通薬局です。

 

 

広島県では新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令され、さらに延長されました。

薬局周辺の飲食店を見渡してもほとんど閉まっています。

ワクチンに関しても徐々に接種された方も増えていますが、

まだまだ受けたい人が全員受けられるまでには時間がかかりそうです。

 

 

そんな緊急事態宣言の中、外出できないため家で過ごすことが多くなっていませんか?

そこで、家での生活をより快適にできないかと以前のブログでスマート家電について紹介しました。

今回は実際に「スマートリモコン」「スマートスピーカー」

を使用した感想をお伝えしたいと思います。

 

スマート家電がどういったものかというのは以前のブログをご覧ください。

 

 

今回、私が購入したものが

スマートリモコン2台

「SwitchBotハブミニ」・「Nature Remo mini2」

スマートスピーカー2台

「Echo Dot」(アレクサ)2台

 

あとはWi-Fi環境とスマートフォン、各家電の赤外線付きリモコンがあれば簡単に運用できます。

スマートリモコンに各家電の赤外線信号を覚えさせ、スマートスピーカーに連携させるといった流れです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各2台ずつ購入したのは、居間に1セット、自室に1セット置くためです。

※スマートリモコンの使用可能範囲は各家電に赤外線が届く距離です。(リモコン操作ができる範囲)

※Echo Dot(アレクサ)の使用可能範囲は音声が届く距離です。

 

(時計付きのEcho Dotと時計なしのEcho Dot)

 

実際に使用した感想は「面倒くさいことが減って便利」ということです。

家電の操作を音声で行うことでリモコンや照明のスイッチを押す機会が激減し、とても便利になりました。

また、リモコンを探すといったストレスがなくなりました。

 

私が実際に音声操作している家電は

自室と居間の

・照明

・テレビ

・DVDレコーダー

・エアコン

です。

 

(使用しなくなったリモコンたち)

 

「アレクサ、照明消して」と言うと照明が消え

「アレクサ、テレビのチャンネル3」と言うと3チャンネルに変わる

といったように操作を実行してくれます。

また、設定を行うことで

「アレクサ、行ってきます」と言うと

照明、エアコン、テレビを一斉に消すといったことも可能です。

 

音声操作だけでなく外出先からでもスマートフォンで操作ができたり

トリガーを決めて家電を自動制御することも可能です。

(スマートリモコンの性能によってできることは異なります)

例) 朝7時になったら自動で照明が点く

   部屋の温度が28度になったら自動で冷房がつく

   家に帰宅したら自動で照明が点く

 

 

 

今回は家電を音声操作するという目的でスマートリモコンとスマートスピーカー

を使い連携させていますが、

スマートリモコン単体でも

・自分のスマートフォンに全てのリモコンを集約し操作できる

・外出先からでもリモコン操作ができる

・各種家電の自動制御ができる

など音声操作以外のことができるのでとても便利です。

 

また、

スマートスピーカー(Echo Dot)単体でも

・音楽を聴く

・ニュースを聞く

・調べものを聞く

・アラームを鳴らす

・時計

など他にも様々なことができ、とても便利です。

 

現在、どこへ行ってもコロナウイルスに感染しないよう手や物を消毒することが多くなっています。

今後は様々な場所でスマートスピーカー等を活用し、物との接触を減らしたり、

直接触れずにスマートフォンを活用した家電というものが増えてくるのではないでしょうか?

 

興味がある方は是非活用してみてください。

設定はとても簡単で生活が豊かになること間違いなしです。

 

 

マスクと子どもたち

みなさん、こんにちは! OK堂薬局です 🙂 

 

暑くなってきましたね。 マスクが暑い… 🙁 

去年もそんなことで悩んだような…。いつになったら元の生活に戻れるのでしょうか… 😥 

 

飛沫を防ぐためにマスクの装着は必要ですが、

マスクの影響について考えられる方もたくさんいらっしゃるかと思います。

 

私自身、子供がいるのでマスクを長期間つけた生活をする影響というものを考えて

しまいます。

 

子どもたちから報告されているマスクによる症状としては、

 

1.頭痛53.3%

 

2.集中力低下(49.5%)

 

3.不快感(42.1%)

 

4.学習障害(38.0%)

 

5.眠気(36.5%)

などが挙がるそうです。

あっ!と心当たる方も多いのではないでしょうか。

 

頭痛というのは本来、大人の症状であり、一般的には、小学生などの子どもが頭痛を

感じることはほとんどないはずです。その頭痛を半数以上が感じている…。

 

このこと自体が、子どもたちが

「マスクによる恒常的な酸素欠乏状態に陥っている」

ことを示しているように思います。

 

「成長期の子どもには特に酸素が必要」なんです。

 

また、就学前の子どもでは、マスクをした相手の目を見るだけでは、

いろいろな表情を理解する力が育ちにくいそうです。

話している人の口の動きと、耳から聞こえる声を結び付け、

まねしながら言葉を覚える機会も得られないからです。

 

学校の先生からも、コロナが広がり、「子どもたちの表情が少なくなった」

「言葉を覚えるのがゆっくりになった」という声が聞かれているそうです… 😥 

 

小さいお子さんをお持ちのお父さん、お母さん!!

ぜひ、お家では、ハグで子どもとの触れ合いを増やし、

豊かな表情でゆったりをお話しできたらいいですね! 😉 

薬はどこで買いますか?

こんにちは!

エンコー薬局です。

 

全国的に新型コロナウイルスの感染者数が急増していますね… 😥 

まだまだ辛抱しないといけない状況ですが、

ワクチン接種で収束することを期待しています!!!

 

さて、みなさんは薬を買いに行く時、どこへ買いに行きますか?

 

『薬局』でしょうか、『ドラッグストア』でしょうか、『薬店』でしょうか。

 

この3つの違いってご存じでしょうか?

そこで今回は『薬局』『ドラッグストア』『薬店』の違いについてご紹介します。

 

結論から言いますと・・・

医者から処方された薬を調剤できるかどうかが違います。

 

ではそれぞれの違いについてもう少し詳しくご紹介させて頂きます。

 

◎薬局・・・医者から処方された薬を調剤する為の場所

多くの方が『薬局』と呼んでいますが、医者が診療に基づいて患者様に出す処方箋に従って調剤することから

正式名称は『保険薬局』と言います。

そして、薬局では調剤室で調剤したお薬について薬剤師から詳しい説明を聞くことができます。

薬局では患者様ごとに飲み合わせや重複投与、副作用もチェックしてもらえるので安心ですね。

 

※俗に市販薬と呼ばれる一般医薬品や日用品はあまり種類がない場合が多いかもしれません。

 

◎薬店・・・医者から処方された薬を調剤できず、一般医薬品や日用品だけを売っている

薬局としての許可はもらっていないので「〇〇薬局」と名乗ることはできず、

「〇〇薬店」や「○○ドラッグ」という名前を出していることが多いです。

 

そして、調剤は行わないので薬剤師がいる必要もありません。

薬についての詳しい説明を受けたい方は、薬局またはドラッグストア(調剤可店舗)をおススメします。

 

ちなみに一般医薬品は処方箋がなくても販売することができますが、

第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品の3つに分類されます。

◆第一類医薬品・・・高い薬効と副作用のリスクがあり、注意深く使用される医薬品

 例)鎮痛薬『ロキソニンS』、胃酸を減らす『ガスター10』など

 

◆第二類医薬品・・・薬効も副作用のリスクも中程度の医薬品

 例)抗アレルギー薬『アレジオン20』や『アレグラFX』など

 

◆第三類医薬品・・・作用も穏やかで副作用のリスクも低い医薬品

 例)ビタミンB1誘導体『アリナミンA』、口内炎薬『チョコラBBプラス』など

 

◎ドラッグストア・・・医者から処方された薬を調剤できる店舗とできない店舗がある

調剤できる店舗においては、日用品や一般医薬品まで売っている場合があります。

もともとドラッグストアは『薬店』と似た形式の店舗でしたが、

最近では院外に処方箋を出す病院が増加してきたため、

日用品や一般医薬品も売り、調剤もできるドラッグストアが増えてきていますね。

調剤ができるドラッグストアはもちろん薬剤師がいて薬の相談もすることができます。

 

そして、日用品に関してドラッグストアのメリットと言えば

品揃えが豊富、価格が安いということで多くの方が利用されているのではないでしょうか。

 

 

みなさん、違いはご理解頂けましたでしょうか。

ぜひお薬をもらう際の参考にしてみて下さい。

 

 

薬を飲むタイミング

己斐の山にある薬局です!

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

 

 

さて、薬の飲み方って「食後」「食前」「食間」「寝る前」「起床時」・・・などなど、

改めて考えると、それっていつの事?とか、実は勘違いしてた、なんて事もあったりしませんか?

 

 

薬によっては、正しいタイミングで飲まないと十分な効果が期待できなかったり、副作用が出やすくなってしまうものもあります

せっかくもらった薬は決められた通り正しく飲んで、安心してキチンと効果を出して欲しいですよね。

 

そこで、今回は薬の服用タイミングについてお伝えしたいと思います。

 

 

  • 食後:食事をしてから30分以内

おそらく皆さんが最も良く見る飲み方だと思います。

「食後、30分以上あけてから飲まないといけないんだよね?」なんてたまに聞かれたりします。いえいえ、「食後」というのは食後30分以内を目安なので

ご飯を食べ終わってすぐでも大丈夫ですよ!

 

 

  • 食直後:食事をしてから15分以内

上記の「食後」に対して、「食直後」では食後15分以内が目安です。

こちらは直後、という言葉から比較的分かりやすいですね。

ご飯を食べ終わったらスグ!です。

食事がお腹の中にある時に吸収が良くなる薬などがこういった飲み方のものがあります。

例えば、中性脂肪の薬として使われるDHAやEPAなどは脂肪分と一緒に摂る事で

吸収が良くなり効果が期待できるので食直後、です。

 

 

  • 食前:食事を摂る30分以上前

今まで記載して食後・食直後でなんとなく予測がつくかと思いますが、

食事を摂る30分以上前が目安です。お腹の空いている時に飲むべき薬ですね。

漢方薬の多くは空腹時に吸収が良くなると言われているので食前・または食間です。

 

 

  • 食直前:食事を摂る前15分以内

これも、食直後と同様のニュアンスです。

「いただきます」の直前、です。

食事からの糖の吸収を抑える薬などは、食事が入ってくる時にお腹の中にある必要があるので

こういった飲み方の物があります。

 

 

  • 食間:食後2時間以上後、または食前1時間以上前

食事をしている間」と答えた方!残念ながら不正解です!!

食事と食事の間 が正解。要するにお腹の中が空っぽな状態の時です。

食事により薬の吸収などに影響がある薬がこの飲み方になります。

 

 

  • 寝る前:就寝の30分前程度

寝つきを良くする薬などがこの飲み方が多いと思いますが、私は

寝る準備ができてから飲んでくださいね」とお伝えしています。

寝つきを良くする薬には効き始めまでの時間や効き目が残る時間が様々にありますが、

非常に早く効き目が出るものもあります。

効き始めてからまだ活動をしていると急に眠気が来てフラッと→転倒

なんて事にもなりかねません。なので、「寝る準備ができてから」が良いです。

せっかく寝つきを良くする薬飲んでも、活動してて目が冴えちゃう可能性もありますしね。

 

 

  • 起床時:起きてすぐ

これはそのままですね。起きてすぐです。

骨がもろくなるのを防ぐ、ビスホスホネート系と言われる薬が

この飲み方の代表的なものだと思います。

ビスホスホネート系薬は特に食事と一緒になると吸収が著しく低下する為、

起きてすぐのホントに胃がすっからかんの状態で飲んでもらいます。

そして、30分(薬によっては1時間程度)は水以外は飲食不可で横になってもいけません。

 

 

いかがでしょう?思ってたのと合ってましたか?

薬は正しく使って、安心・安全に、そして効果のある使い方をしましょう。

 

食前で忘れてしまっても、薬によっては食後で飲んでも大丈夫なものもあります。

でも、決められた飲み方以外ではダメなものもあります。

気を付けていても飲み忘れてしまった、という時もあると思います。

また、上記に記載した以外にも飲むタイミングは他にもあったりします。

そういった時の対応など分からない事は是非、薬剤師にご相談ください!

 

 

 

それではまた!!

アイデアが生まれる場所

 こんにちは、NORTH HAND GROUP・システム開発部の高です。

 簡単な自己紹介ですが、私は今年の3月にNORTH HAND GROUPに入社し、エンジニアとしてシステム開発を担当しております。

 今後ともよろしくお願い致します 🙂 

 さて、私はスキマ時間や寝る前によく、本を読みます。

 

 今日は私が好きな著者の一人である精神科医・樺沢紫苑氏の『学びを結果に変えるアウトプット大全(サンクチュアリ出版)』からお仕事やプライベートでも役立つ情報をご紹介したいと思います。

 

アイデアをパッと生み出す方法

 みなさんは、日々、お仕事やプライベートで何らかの課題・問題が発生することがあると思います。

 顧客とのやり取り・職場の人間関係・部下の育成・会議でのプレゼン、親の介護・育児のことなど。

 そんな時、色々考えを巡らしても、なかなか「いいアイデアが浮かばない」と悩んだことはありませんか?

 さらに期限のあるタスクの場合だと、焦ってきますよね?

 

 今日ご紹介する方法を取れば、色んな事に対して、アイデアが生まれやすくなります。

 

ぼーっとする・リラックスする

 結論を言うと考えるのを一旦やめて、ぼーっとしましょう。

 なぜ、これがいいのでしょうか?

 

 『NHKスペシャル 「シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク」 “脳”すごいぞ! ひらめきと記憶の正体』(2018年2月4日放送分)では、お笑い芸人の又吉直樹さんの脳の動きをMRI(画像診断装置)で調べました。

 その結果、判明したのが、「何かがひらめいた」時「ぼーっとしている」時脳の状態がほぼ一緒だったのです。

 この「ぼーっとしている」時は、ワシントン大学のマーカス・レイクル教授が提唱した「デフォルトモード・ネットワーク(DMN)」が活発に稼働しています。

 これは、一言で言うと、「脳のスタンバイ状態」で通常の脳の活動時より、15倍ものエネルギーが消費されているとされています。このスタンバイ状態の時に人は、イメージや記憶を辿りながら「これからをより良いものにしていくための準備」をしていくのです。

 

 つまり、脳は活動している時よりも、ぼーっとしている時の方が重要だと言えます。

 そして、何かいいアイデアを生み出したい時は、しっかりと「ぼーっとする・リラックスする」時間を作る必要があるのです。

 

 それでは、実際、人はどのようなシーン・場所でいいアイデアが生まれやすいのでしょうか?

 

創造性の4B

 スウェーデン式アイデアブック(フレドリック・へレーン著/ダイヤモンド社)によると

 Bathroom(入浴・お手洗い)

 Bus(バス・移動中・通勤中)

 Bed(睡眠前・睡眠中・起床時)

 Bar(飲酒)

 の4つのシーンにおいてアイデアが生まれやすいとされています。

 場所で言うと、「風呂場・トイレ」、「バス・車・電車など乗り物」、「寝室」、「バー・自分の部屋」の中になります。

 

 私自身も考えが行き詰った時は

 ◎シャワーを浴びている時

 ◎外を散歩している時

 ◎お手洗い

 など、一人でリラックスしている時に、新しいアイデアや文章の構成などがひらめいたりします。

 

 こちらの創造性の4Bを自分の実体験から補足すると、

 ◎通勤・移動時は周囲に人がいる公共の乗り物ではなく、一人で車を運転している時

 ◎お酒を飲んでいる時は複数人での飲み会ではなく、一人でゆっくりお酒を飲んでいる時

 など一人でいる状況、つまり「ぼっち」であることも鍵と言えます。

 

 中国では古くから、馬上(馬の上・通勤時)・枕上(枕の上)・厠上(トイレ)の三上にてアイデアが生まれやすいと言われていますが、近年、その裏付けが取れた形となりましたね☺

 

 いかがでしたでしょうか?

 みなさんも、普段色んなことで悩むことが多いと思います。

 一生懸命、何か知恵を振り絞って、打開策を考えようと、何時間もプランを考えることもあると思います。

 それでも、

 考えがまとまらない

 アイデアが生まれない時…

 

 そんな時は是非、先程ご紹介した4Bの中で、ぼーっとしましょう。

 世紀のアイデアが生まれるかもしれません。 😎 

 

 それでは、また!

 

もの忘れと認知症の違い

こんにちは。けごや薬局です 😀

「あの人、誰だっけ?」「あれって、何だったっけ?」
皆さんは名前や言葉が、すぐ出てこない・・・そんな経験はありますか?

誰でも年齢とともに、人の名前が思い出せなくなったり、
もの覚えが悪くなったりすることはあります。
こうした、「もの忘れ」は脳の老化によるものです。
しかし、認知症は「老化によるもの忘れ」とは違います。

■老化によるもの忘れと認知症の違い

【原因】
老化によるもの忘れ・・・脳の生理的な老化
認知症・・・脳の神経細胞の編成や脱落

【もの忘れ】
老化によるもの忘れ・・・体験した事の一部を忘れる(ヒントがあれば思い出す)
認知症・・・体験した事を丸ごと忘れる(ヒントがあっても思い出せない)

【症状の進行】
老化によるもの忘れ・・・あまり進行しない
認知症・・・だんだん進行する

【判断力】
老化によるもの忘れ・・・低下しない
認知症・・・低下する

【自覚】
老化によるもの忘れ・・・忘れっぽいことを自覚している
認知症・・・忘れた事の自覚がない

【日常生活】
老化によるもの忘れ・・・支障はない
認知症・・・支障をきたす

・もの忘れによって、日常生活に支障をきたしているか
・本人が忘れていることを自覚できているか
・もの忘れの範囲
などが、認知症に気づくためのポイントになります。

 

■認知症の薬物治療
認知症により失われた記憶や機能を回復させ、病気を完全に治すお薬はまだありません。
症状の進行を遅らせるお薬、不安、妄想、不眠などの症状を抑えるためのお薬による治療が中心となります。
進行を遅らせることで、ご家族と一緒に過ごす時間を長くすることができ、
またご家族、介護者の負担を軽くすることにもつながります。

 

■認知症の非薬物療法
ご本人が今できること、興味を持っていることを活かし、
快適な環境づくりを心がけます。

過去に慣れ親しんでいた歌や玩具、道具などを利用し、
人生を振り返ることでご本人の自己認識の回復をはかる『回想法』など、
さまざまな療法があります。

ご家族や友人とのコミュニケーションやデイサービス、グループホームでの
おしゃべり、ゲームなども頭と心を活性化するための大切な刺激となります。

 

■早期発見がカギ
他の病気と同じように、認知症も早期発見・早期治療がとても大切です。
一人暮らしなど同居人がいない場合は、少しの変化に気付きにくく、

見逃してしまうこともあります。

定期的に直接会いに行くのが難しい場合は、電話やビデオ通話などを利用して、
日常的にコミュニケーションをとるように心がけましょう。

PM2.5の正体

こんにちは。

くれ本通薬局です。

 

桜の花も散り、さらに暖かく過ごしやすい季節になってきましたね☺

暖かく過ごしやすい・・・

のですが、周りでは花粉症に悩まされている方を多く見受けます。

さらに、花粉だけでなく黄砂やPM2.5も多く飛散しているとのことです。

 

ここで質問です!

PM2.5って何だと思いますか?

 

私はつい最近までPM2.5という化学物質があるのかと思っていました。

しかし、そうではありませんでした。

今回はそんなPM2.5について少し調べてみました。

 

 

ーーPM2.5とはーー

「直径が2.5µm(マイクロメートル)以下の粒子状物質」

の総称だそうです。

別名「微小粒子状物質」といい、成分は硝酸塩、硫酸塩、炭素成分、アンモニウムなどで

特定の物質ではなく、工場から出る煤煙、自動車の排気ガス、土壌や火山、黄砂など

様々なものから発生するとても小さな物質です。

具体的な大きさとしては髪の毛の30分の1程度とのことです。

 

 

ーー体への影響はーー

吸い込んでしまうと細い気管支や肺の奥まで入り込み、

「ぜんそく」「気管支炎」など呼吸器系疾患への影響のほか、

肺がんのリスクの上昇や循環器系への影響も懸念されています。

 

 

ーーいつが多いのーー

毎年、冬から春にかけてPM2.5の濃度が上昇する傾向にあるそうです。

私たちが健康に暮らすための環境基準の濃度は

1年平均15µg/m³以下かつ1日平均35µg/m³以下

1日の平均値が70µg/m³になると注意が必要とのことです。

各地域でも差があるため、気になる方は環境省のホームページより確認してみてください。

 

 

ーーPM2.5を防ぐためにはーー

PM2.5の濃度が高いときには屋外での運動や、外出を減らしたり

屋内では窓の開閉をなるべく行わないことで効果があるそうです。

また、マスクも効果があるとのことです。

一般に売られているマスクは性能も様々なため効果もそれぞれ異なります。

一方、医療用や産業用の高性能な防塵マスクはよりPM2.5の

吸入を減らす効果があります。

 

現在、PM2.5、花粉、黄砂、新型コロナウイルス等様々なものに気を使わなければなりません。

目に見えないものを防ぐことは難しいですが、できる限りの対策を行い健康で楽しい

生活を送りましょう。

 

『思わず考えちゃう』

みなさん!!こんにちは★

 

はじめまして。OK堂薬局の水野です★

 

今回は『思わず考えちゃう』(ヨシタケシンスケ著)をご紹介させていただきます。

 

この方の本は、どれも面白くて読むと心が和むような温かいものばかりです。

子育てについて書かれたものが多くあるのは、ヨシタケさん自身が二児の父親であるからでしょう。

中でも私が薬剤師として興味を深く思ったのは以下のエピソードです。

                ↓    

 

子供に「お薬飲むよ」って口にばーって粉を入れて、ペットボトルの水を飲ませました。

その飲み終わった後の水が、スノードームみたいになるんですよね。

結構な割合で口の中の水が戻るんだなぁ~

この一連の流れを見ててすごいなと…

ちっちゃい子が飲んだお水を回し飲みする時に

「うちの子が飲んだ後の飲み物、飲みたくないよね~」ってあるお母さんが言ってて…

「わかる・わかる」って思ったんですが

粉薬を飲んだ時についに可視化されました。

いつも、こんだけ戻ってんだ!!なるほどって。  (本より抜粋)

 

小さいお子様に粉薬をお渡しする時には

『少量の水やジュースに溶かして飲んでください』と伝えたほうがいいなぁ~…。と思いました。

 

でも、それでも嫌がるお子さんっているんですよね~。

以前、薬局に来られたお母さんから聞いた方法で一番面白かったお話です。

 

オレオクッキーを1枚はがして、あいだのクリームに薬を混ぜ

またクッキーで挟んで食べさせる。

 

きっとこの子は、オレオクッキーに目がないんですよ!!

 

 

そういえば、私が大学時代の時(20年以上前ですが)授業で習ったのは

数滴の水を粉薬に垂らして小さいダンゴ状に練り、それを口の中に入れて

水やジュースで飲ませるというものです。

自分の子供が産まれて試してみましたが、泣かれた揚げ句吐き出されました。

 

子育ては、トライ&エラーの連続ですから

その子に合う方法を見つけるまで探すしかないのでしょう。。

 

個人的には、『チョコアイスに混ぜる』が最強ではないかと思ってます

 

春が来た~♬

こんにちは! エンコー薬局です。

 

やっと寒さも緩和され、春めいた季節になってきましたね。

 

2021年の春分の日は3月20日です。

 

春分は、季節の移り変わりを知る為の二十四節気の一つで、

春分の日は、二十四節気の春分に入る日をさしています。

太陽が真東から昇って真西に沈む為、昼と夜の長さがほぼ同じになると言われています。

 

春分の日は彼岸の中日であり、厳しい冬を耐えてきた生き物が、前向きにやる気に満ち溢れる時期で、

「自然をたたえ、将来の為に努力する日」と法律で定めて国民の祝日となっています。

 

日本で春に卒業式や入学式、入社式が行われるのも納得です。

 

前置きはさて置き、

 

ついに桜が開花しました!!!

しかも3/11の広島の開花宣言が全国で一番早いみたいです。

ちょっと嬉しい気持ちになったのは私だけでしょうか。(笑)

何でも1番っていいですよね☆

 

見てよし!食べてよし!

 

お花見が待ち遠しいですね!(^^)!

 

桜が視覚的に大いに楽しませてくれるのはご存じかと思いますが、

その楽しさを上回る様々な効果があります。

そこで今回は桜がもたらす効果について少しお伝えしたいと思います。

 

🌸桜の匂いがもたらす効果🌸

桜のあの上品な香りの正体は、クマリンと呼ばれる物質です。

クマリンには抗菌作用、リラックス効果をはじめとして、

鎮静作用、血圧低下作用、咳止め作用、二日酔い防止作用などが期待できます。

 

二日酔い防止作用があるということは、桜の下でお酒を飲むことは理にかなっているかもしれませんね。

 

しかし、残念ながらクマリンは通常の花や葉からはあまり嗅ぐことができないみたいです。

その代わり、桜餅などからは香りを存分に楽しむことができます。

 

 

 

🌸桜の木の香りによるリラックス効果🌸

桜の木は、フィトンチッド(フィトン=植物、チッド=殺す)という香気成分を発します。

フィトンチッドは植物が(細菌を)殺す、つまり殺菌作用をもつ物質です。

 

この物質を人間が吸い込むと、血中に溶け込み、脳のGABAA受容体というものの応答を強め、

興奮などが抑制され精神が安定すると言われています。

だから、桜の木の香りには、リラックス効果があるということなのです。

 

 

🌸お花見散歩しよう🌸

普段からお散歩をされている方は、この時期を楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。

お花見をしながらウォーキングなどの運動をすると、

普段よりも桜の木の香りを多く吸える為、フィトンチッドを多く取り込むことが出来るのです。

 

もちろん、ウォーキングそのものが健康にとって良いことは言うまでもありません。

ゆっくり1時間散歩するだけで、ポテトチップス20枚分ものエネルギーを消費できるので、

ポテトチップス大好きな方も大丈夫ですよ!(笑)

 

私もたまに休みの日にウォーキングをするのですが、

桜の下なら、花を楽しみながら歩くことができるので、歩く疲れも忘れてたくさん歩けますよ。

ぜひ、お花見散歩してみてください。

 

 

春分を迎えると、「暑さ寒さも彼岸まで」というように過ごしやすい日が続きます。

お彼岸やお花見など、まさに自然をたたえ生命をいつくしむのにぴったりの季節です。

 

今年は例年とは違ったお花見になるかもしれませんが、

自分にあった桜の楽しみ方をしてみてくださいね。