コンセプト

ノースハンドグループの思い

ノースハンドグループは、「今ここに無い価値を創造する」をコンセプトに、
様々な角度から患者様に安心をお届けできる仕組みづくりを行っています。

在宅医療の改革を目指し、長年の調剤薬局運営ジェネリック医薬品販売によって培ったパイプを活かし、

医療連携」を図り、医療と介護、その他の企業を結び付けることで「医療と介護の架け橋」となることを目指しています。

地域に根ざした調剤薬局運営・ジェネリック医薬品販売を中心に、介護施設運営を事業化し、

サービス付高齢者賃貸「ケアビレッジ ライル 温品」を開設いたしました。また、実際の介護施設運営でより良い在宅医療の仕組みづくりを行う中で養った経験を活かし、介護・医療コンサルティング事業をスタートしました。

「ケアビレッジ ライル 温品」では、診療所が連携し、それぞれの特長を活かし、

ひとつの医療システムとなって、最適な医療サービスを提供できる体制を構築します。その介護・医療連携を助長する仕組みの一つとして、

在宅医療情報共有システム N-SYSTEM」を開発いたしました。

グループのネットワークを活かし、業界全体で患者様・ご利用者様のニーズにいち早くお応えできるよう尽力しています。

全ては患者様のために