ジェネリック医薬品販売

ジェネリック医薬品とは

病院などで処方されるお薬(医療用医薬品)には、同じ成分・同じ効き目でも、
価格の高いお薬と安いお薬があります。
高い方のお薬は「新薬(先発医薬品)」と呼ばれ、安い方のお薬は
「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」と呼ばれています。

ジェネリック医薬品は、患者さんのお薬代負担を軽くするお薬です。
新薬は、最初に開発・発売されるお薬で、開発メーカーは特許期間中、
独占的に製造・販売することができます。その特許期間が満了した後に、
厚生労働省の承認のもとに発売されるお薬がジェネリック医薬品です。
開発期間が短く、開発コストも大幅に抑えられるため、
価格が新薬の約2割~7割に設定されています。

ジェネリック医薬品がどうして安いのでしょうか

新薬の開発には、なんと9~17年の年月と、約500億円もの投資が必要といわれています。
臨床試験などのさまざまな試験のあとも、数々の審査や承認申請するための手続きがあります。
しかも、新薬として承認される成功率はわずか1/15000以下なのです。

まず新薬についての市場調査・分析を行ったうえで、ジェネリック医薬品として製剤化するための研究をスタート。
その後、安定性・新薬との同等性を証明する試験を行い、厚生労働省の承認を得て発売されます。
この場合の開発期間は通常3~5年。新薬と比べ開発期間が短く、開発コストが大幅に抑えられるため、
お薬代が安く設定されるのです。新薬をジェネリック医薬品に替えると、実際にどのくらいお薬代が安くなるのでしょうか?
下記のように、その差は歴然。

また、生活習慣病のお薬のように、長期間の服用が必要となるお薬ほど、価格差によるメリットは大きくなります。

今患者様の服用されているお薬を、ジェネリック医薬品に替えるといくらお安くなるか日本ジェネリック協会のホームページにてかんたん差額計算ができますので、興味のある方は、試してみて下さい。

効き目や安全性について

新薬と同じ有効成分や同じ効き目であることが、確認され国も認める安心なお薬です。
特許期間中に多くの患者さんに使用され、その有効成分の効能・効果や安全性が十分に確認されている新薬。
その特許満了後に、同じ有効成分で開発・製造されるお薬がジェネリック医薬品です。
またジェネリック医薬品は、新薬との同等性を確認する試験、生物学的同等性試験が行われ、新薬と同様に、国で定められた基準や規制を厳守し、はじめて発売することができます。

ジェネリック医薬品は、新薬と同様に薬事法に基づく、さまざまな厳しい規制・基準を守って、開発・製造・発売されています。
つまり、ジェネリック医薬品は国が認める確かな品質のお薬なのです。また品質再評価という制度などによっても、品質は厳しく管理されています。

国が推進している医薬品です

医療費削減を進める上での重要な施策のひとつとして、  ジェネリック医薬品の普及を促進しています

年々国家予算では、医療費が膨らみ続け問題となっています。
高齢化による医療費高騰が叫ばれるわが国において、厚生労働省は医療費削減を進める上での重要な施策のひとつとして、ジェネリック医薬品の普及を促進しています。

日本は、他の先進国が経験したこのない、超!少子・高齢化時代に突入しつつあります。
国の一般会計の1/3が医療費で、年々1兆円ずつ増えています。
このまま出生率が上がらなければ、労働人口の減少により、2055年には、1.1人で1人のお年寄りを、支えることになります。

もし、特許の満了した新薬すべてジェネリック医薬品に替えれば、国の医療費は、毎年約1兆円削減できるといわれてます。
しかし、新薬を開発することも大事なことです。

これからの医療はこの2つのお薬を、しっかり使い分けること が大切だと、ノースハンドグループは考えております。

グループ企業紹介

広島トーワ薬品株式会社

広島トーワ薬品株式会社

広島トーワ薬品株式会社
広島トーワ薬品株式会社
広島トーワ薬品株式会社
所在地 〒735-0014
広島県安芸郡府中町柳ヶ丘16-7 2F
電話番号 082-285-3411
代表者 北村 聡
営業時間 8:00~17:00
休業日 土曜日、日曜日、祝日
管理薬剤師 尾崎 純子