ジェネリック医薬品販売

国が推進している医薬品です

医療費削減を進める上での重要な施策のひとつとして、  ジェネリック医薬品の普及を促進しています

年々国家予算では、医療費が膨らみ続け問題となっています。
高齢化による医療費高騰が叫ばれるわが国において、厚生労働省は医療費削減を進める上での重要な施策のひとつとして、ジェネリック医薬品の普及を促進しています。

医療費は、皆さんが医療機関の窓口で支払う「負担額」の他に、国や地域の「税金」、
国民保険組合・健康保険組合等の「保険料」でまかなわれています。
みんなが平等に保険に加入できる「国民健康保険組合」は日本が誇る制度です。
しかし、このまま医療費が膨らみ続けると、制度が持続できなくなってしまう可能性があります。
もし、新薬を全てジェネリックに変えれば国の医療費が年間1.5兆円も抑えられます
個人の負担だけではなく、国の医療費を抑えるためにも、ジェネリック医薬品は役立ちます。