ジェネリック医薬品販売

国が推進している医薬品です

医療費削減を進める上での重要な施策のひとつとして、  ジェネリック医薬品の普及を促進しています

年々国家予算では、医療費が膨らみ続け問題となっています。
高齢化による医療費高騰が叫ばれるわが国において、厚生労働省は医療費削減を進める上での重要な施策のひとつとして、ジェネリック医薬品の普及を促進しています。

日本は、他の先進国が経験したこのない、超!少子・高齢化時代に突入しつつあります。
国の一般会計の1/3が医療費で、年々1兆円ずつ増えています。
このまま出生率が上がらなければ、労働人口の減少により、2055年には、1.1人で1人のお年寄りを、支えることになります。

もし、特許の満了した新薬すべてジェネリック医薬品に替えれば、国の医療費は、毎年約1兆円削減できるといわれてます。
しかし、新薬を開発することも大事なことです。

これからの医療はこの2つのお薬を、しっかり使い分けること が大切だと、ノースハンドグループは考えております。